業務用エアコンの管理者(オーナー)は何をすれば良い?

機器の冷暖房能力で点検の内容が変わります。

簡単に言いますと、大きな機器になると点検項目が増えますので、機器の出力を調べる必要があります。

機器の出力が決められたものを超えたものは、すべての業務用エアコンで必ずしなくてはいけない簡易点検とは別に定期点検が必要になります。

 

簡易点検の条件(すべての業務用エアコン)

機種 点検頻度
全ての業務用冷凍空調機器 3ヶ月に1度以上

*簡易点検は所有者(管理者:オーナー)又はその者に委託された専門業者で行う。
一般の飲食店、美容室、調剤薬局、事務所などで業務用エアコン1基+系統室外機1基の組み合わせの場合・・・簡易点検のみを行わなければなりません。

日美装建は業務用エアコンの

※室外機に記載されている圧縮機定格出力が7.5KW未満の場合です。

規模にもよりますが、業務用エアコン1基+系統室外機1基の場合、ほとんどのタイプで7.5KWもありませんので簡易点検のみ行う必要があります。

※不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

定期点検の条件

機種 圧縮機電動機定格出力 点検頻度
エアコン 7.5KW以上50KW未満 3年に1回以上
50KW以上 1年に1回以上
冷凍・冷蔵機器 7.5KW以上 1年に1回以上

*定期点検は全て有資格者で行う。

大型ビルや商業施設、病院、工場など複数の業務用エアコンを1台の大型室外機で動かすマルチタイプの場合・・・

簡易点検 + 定期点検

実施する義務があるのです。

日美装建はマルチタイプのパッケージエアコンの点検・分解清掃いたします。
※室外機に記載されている圧縮機電動機定格出力が7.5KW以上50KW未満の場合です。

 

お問い合わせ